スキンケアにはスクワランオイルを

スキンケアにはスクワランオイルを 2015-09-06*

スクワランの役割

もともとヒトの肌に含まれているスクワランは、肌の水分を蒸発させないようにする役目もあり、また大気の汚染や外気の乾燥からも肌を守っています。
過剰な洗顔で皮脂がはがれてしまうと肌は乾燥して敏感になってしまいます。
美容の為には肌の皮脂を大切にしながらケアをすることが大切なのです。
保湿の為に水分を与えるのはもちろん、皮脂膜を補うためにオイルを使用した美容ケアは肌を美しく保つことができます。
そこでどのオイルを使用するかがキーポイントです。

酸化のしにくいオイルを選ぶ

まずオイルは酸化しにくいものを選ぶことが大切です。酸化したオイルは肌に悪影響を与えます。
そして粒子が小さく浸透しやすいこと。人の皮脂に近い成分であること。これらの条件を満たしているのがスクワランオイルです。

スクワランとは深海鮫の肝臓の油からとれるエキスです。
新陳代謝をよくする作用、また角質を柔らかくして落とす効果・殺菌作用があるので、ニキビ肌にも使用でき、改善効果も期待できます。

また、もともとヒトの肌に含まれている成分だからこそ刺激が少なく、肌の弱い方にも愛されているのです。

それからもう一つ大切なことは、純度の高いものを選ぶこと。
純度の低いオイルは酸化しやすいといわれているので、スクワランオイルの中でも純度の高いものをおすすめします。

定番ともなった美容オイル

今や美容オイルは定番になりつつあります。
<ホホバオイル><アルガンオイル><椿オイル><マカダミアナッツオイル>など、多くの美容オイルを目にしますが、ここでお勧めしたいのはなんといってもスクワランオイルです。

前述でもお伝えしましたが、スクワランはもともとヒトの肌に含まれている成分なのです。そのため、刺激が少なくお肌にやさしい。

ただ、スクワランは年齢を重ねるごとに減っていってしまうので、高純度なスクワランを外部から補い、ご自身の美しい素肌を保ってみてはいかがでしょうか。

×

グループから探す