アイザメってどんな鮫

アイザメってどんな鮫 2015-09-14

生命力の強いアイザメ

スキンケアに使用するスクワランオイルは、深海鮫のアイザメなどから抽出される肝油を使用しています。
アイザメは深海鮫の一種で、水深1000mから1400mの深海層に生息しています。この深さになると酸素の濃度が極端に薄くなっており、水圧も凄まじく、生物が生息するにはとても過酷な環境です。アイザメはこのような過酷な環境でも生存することができる生命力がとても強い魚です。

アイザメの肝油で期待できること

アイザメなどの深海鮫が過酷な環境でも生息できる理由は、アイザメの肝臓には脂質をたっぷりと蓄えることができるからです。脂質はエネルギー源になりますので、低酸素で高水圧の深海でも生息することができます。アイザメは身体に占める内臓の割合が他の生物よりも極端に多く、身体全体に占める内臓の割合は7割を超えています。内臓のうち約7割は肝臓で、内臓に占める肝臓の割合も非常に多いことが特徴です。

アイザメの肝臓のうち約8割は肝油と呼ばれている脂質で、肝油に含まれている成分がスクワレンです。スクワレンを水素添加して精製すると、スクワランオイルになります。スクワランオイルは新陳代謝を促進する効果があり、細胞のターンオーバーを活性化させます。お肌にスクワランオイルを塗ると皮膚細胞のターンオーバーが促進され、お肌の若返りの効果が期待できます。

スクワランオイルに精製される前のスクワレンは、サプリメントの原料としても使用されています。スクワレンが含有しているサプリメントは、EPAやDHAという名称のサプリメントとして市販されており、血行を良くしたり新陳代謝を活性化させる効果が期待できます。EPAやDHAのサプリメントは人気が高く、美容や健康の促進のために、老若男女を問わず、幅広い年齢の人が愛用しています。

EPAやDHAは人間の体内では生成することができない物質であるため、毎日の食事を通じて摂取することが必要になります。EPAやDHAのサプリメントを摂取することによって、不足するDHAやEPAを手軽に補うことができます。

×

グループから探す