大人ニキビの原因と改善のポイント

大人ニキビの原因と改善のポイント 2015-10-01

大人ニキビの原因

ニキビと言うと、思春期の若者に多く見られる皮膚疾患であり、かつては青春の象徴などと呼ばれていました。しかし近年、ニキビに悩む人は増加し、大人になってからニキビの症状に苦しんでいる人が増えているのです。

思春期頃のニキビの原因は、皮脂の分泌が非常に活発になるため、その皮脂を餌とする菌が繁殖しておこりますが、大人になってからのニキビはいくつかの原因が隠されていると言われています。

まず一つは、生活習慣の乱れです。社会人になると、自然に生活のリズムが狂ってきます。仕事が優先になったりすることで十分な睡眠時間を確保でき なくなったり、食事の栄養バランスに気を配ることが難しくなったりします。さらに、人間関係なども複雑化するため、ストレスが過剰に溜まり、体に悪い影響を及ぼします。

2つめは、肌の健康維持に欠かせないターンオーバーの乱れによるものです。ターンオーバーが乱れると、古くなった角質が毛穴を塞ぎ、ニキビの原因となるのです。

3つめは、肌の乾燥によって毛穴に皮脂が詰まることです。水分の無くなった角質層は硬くなってしまうので毛穴が正常に開きにくい状態となり、皮脂が詰まりやすくなることで起こります。

4つめは、普段使用している基礎化粧品がお肌に合っていない場合です。基礎化粧品は、毎日使用するため、肌に大きな影響を与える要素の1つです。この大切な基礎化粧品が、肌に合っていない場合、肌がボロボロな状態になったり、ニキビを引き起こしたりするのです。

大人ニキビ改善のポイント

ターンオーバーを正常に戻すには、基礎化粧品など外からのケアも大事ですが、生活習慣や食事、睡眠などの普段の生活を見直す必要があります。そこで生活習慣では、まず運動を取り入れてみてください。急激な運動ではなく、短時間のランニングや、たくさん歩くことなど長く続けられる運動をおすすめします。

そして睡眠では、質のいい睡眠を心掛けて下さい。ターンオーバーは眠っている間に活発化するので、昼夜逆転することなく、最低6時間の睡眠を取れるよう心掛けてください。

また、乾燥ニキビの原因は水分が足りていないことが原因となります。肌の乾燥が続くと肌のバリア機能が落ちて角質がぶ厚くなってしまうので、毛穴の中に汚れや皮脂が詰まりやすくなり余計に症状を引き起こす可能性が高くなります。そのため、乾燥ニキビに関してはこういった状況を避けるために肌の潤いをキープする保湿スキンケアが大切になります。

そして基礎化粧品については、自分の肌の悩みはどれなのか、その悩みにはどのような成分が効果的なのかを知るところから始めてみてください。初めてご使用になるものに関しては、パッチテストをおすすめします。

×

グループから探す