スクワランとお肌の関係

スクワランとお肌の関係 2015-09-04

■スクワランの特徴

皆さんは「スクワラン」という成分をご存知でしょうか。

スクワランは、深海800〜1,000mに棲むサメ(深海ザメ)の肝油から精製されたもので、
純度が高ければ高いほど、酸化しにくく安定しているといわれています。

このスクワランは、無色透明でさらさらしており、味もなく、臭いもありません。
肌につけるとわずかな量で驚くほどのびがよく、ベタつきもないしすぐに肌へ浸透するのが
特長です。

また、添加物や化学物質を含まない天然保湿剤としても有名で、
保湿効果が高く、人の肌の一番表面となる皮脂膜にも含まれている成分なのです。
よく、化粧品の成分表示で「スクワラン」という言葉目にしたことはないでしょうか。


上記で述べたように、スクワランのこの特長を活かして、多くの化粧品に広く用いられています

■スクワランの効果

スクワランは、肌細胞に酸素を供給し、新陳代謝を活発にする働きがあります。
(別の言い方をすると、スクワランは酸素を誘致するので皮膚呼吸が活発となり、新陳代謝を促進させるのです。)

もし十分な酸素が供給されず、新陳代謝が鈍くなると、身体の調子はもちろん、
お肌の調子も悪くなり、シミやシワ、ニキビなど様々な肌トラブルを起こす原因となるでしょう。

そこで、大活躍してくれるのがスクワランの賦活作用です。
酸素を供給することで衰えた細胞を活性化させ、皮膚の弾力性を良くして健康なお肌へ自然と回復
させていきます。

また、スクワランは殺菌作用にも優れており、外部からの雑菌を寄せつけません。
空気中の汚れやほこり、日焼けなどからお肌を守り、皮膚の自然作用を保ちます。

■酸化、変質しないスクワラン

スクワランはそもそも安定性が高く、酸化、変質しにくい性質をもっています。
それも、よく精製された純度の高いスクワランほど、酸化しにくく安定しているのです。

アランビューティーは精製を重ね、99.8%以上という純度の高いスクワランとなっています。
純度が高いほどお肌への刺激も少なく、長時間付けていても安心できるので、
スクワランをお選びの際は必ず純度を確認してください

■スクワランと肌

ここまで、スクワランの特徴や効果について色々とお話をしてきましたが、
もともと皮脂膜に含まれていると言えど、スクワランは年齢とともに減少していきます。

お肌の老廃物を取り除き、本来の肌の潤いを守るためにも、
スクワランの作用を有効活用してください。

スクワラン,効果,効力
×

グループから探す