スクワランオイルの正しい選び方

スクワランオイルの正しい選び方 2015-10-06

動物性と植物性の違い

スクワランの多くは深海鮫の肝油から抽出されたものになりますが、最近はオリーブオイルやベニバナオイルなどから抽出された植物性のものも多くなってきています。

植物性のものと深海鮫を原料としたものの違いには、動物性の方が純度が高く、植物性の方が少し純度が低いということなどがあります。これらのスクワランオイルは酸化しにくく、そして肌なじみがよいので体内に浸透しやすいという特徴を持っています。そのため肌の乾燥を防ぐ保湿効果も高くかつ新陳代謝を活発にするという働きもあり、また皮膚刺激もほとんどないことから敏感肌の方にも人気のオイルとなっています。

このように色々な特徴や働きがあるスクワランですが、正しい選び方をするにはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

スクワランオイルの正しい選び方

選び方のまず一つめですが純度の高いものを選ぶようにしてください。
純度の高い良いオイルは酸化や変質が置きにくく肌への刺激が少ないのですが、純度の低い悪いオイルは酸化・変質が起きやすいので肌に長く付けていると肌トラブルの原因となることがあります。

そして選び方二つめですが防腐剤などが入っていないものを選びましょう。
スクワランは天然の保湿成分なので防腐剤など含まれていないものが多いのですが、もし添加物や化学物質が入っているものを選んだ場合肌の弱い人などには刺激となってしまうので注意が必要です。

選び方の三つめは天然のスクワランを選ぶということです。
需要が少ないのであまり多くはないのですが化学的に合成されたスクワランも中にはあり、低価格のものほど肌トラブルが起きやすいと言われていますので、できるだけ天然のスクワランを選ぶようにしてください。

以上のことを踏まえてこのような肌トラブルを引き起こす可能性がある悪いスクワランオイルを選ばないようにし、純度が高い天然のもので添加物が含まれていない良いオイルを選ぶようにしてください。

×

グループから探す